コンテンツにスキップ

当サイトはクッキーなどのテクノロジーを使用しています。これにより、CCIおよびそのパートナーは、ユーザーの皆様が当サイトを訪問したことを記憶し、当サイトをどのように利用したかについて理解し、各々の興味に合わせてコミュニケーションを表示することができるようになります。当サイトにおけるクッキーの使用およびオプトアウトについて詳しくお知りになりたい方は、ここをクリックしてください。  ユーザーの皆様は、当サイトを継続してご利用になることにより、クッキーの使用およびCCIプライバシーポリシーについて同意したものとみなされます。
ユーザーの皆様は、当サイトを介してEメールアドレスなどの個人情報をCCIに提供する場合があります。  CCIの情報収集について詳しくお知りになりたい方は、ここをクリックしてください。  ユーザーの皆様は、個人情報を提供することにより、CCIプライバシーポリシーに基づきその情報を使用することに合意したものとみなされます。

ICE Futuresと契約は綿花購入リスクを軽減

「唯一変わらないことは、変化し続けるということである」―ここ数年のグローバル綿花市場を表すこれ以上の表現はないでしょう。在庫備蓄と放出、関税の賦課や引き下げなどが中国政府の政策であってもなくても、WTOは国内栽培者支援策、主要通貨やエネルギー・肥料価格の変動、各種繊維や特性に対する消費者の嗜好の変化に異議を唱えています。綿花生産者、販売業者、紡績、エンドユーザーが直面する課題は、かつてないほどに膨大で、強い影響力を持つようになっています。

これらの課題は、企業に財政状況と競争力を高めるチャンスももたらします。このチャンスを最大限に生かすためには、慎重な計画、時間と資金の思慮深い投資、そして適切なツールの活用が不可欠です。 ICE Futures のU.S. Cotton No. 2®先物・オプション契約の2つは、厳しい時代においても綿業界を成長へと導くことのできるツールです。

No. 2の契約の2つの中核的機能は、先物契約の開始から150年近くが経過した今も変わっていません。それは、価格発見と価格リスク管理です。 No. 2の先物契約は、期近と3年後の受渡しについて、綿花1ポンドの市場コンセンサス価格の唯一にして最良のベンチマークです。

ICE Cotton No. 2®の先物契約価格は、参入障壁を最小限に抑えたオープンで統制された透明な取引プラットフォームで導き出されます。期近と期先の限月の買値、売値、取引価格が瞬時にリアルタイムで公開され、すべての市場ウォッチャーは世界中のどこからでもアクセスすることができます。 ICEは携帯電話にも価格を送信することができます。綿花生産者、販売業者、紡績、最終製品販売業者にとって、 ICEの綿花価格はビジネス上の意思決定を行うのに役立ちます。

さらに、綿花の現在の絶対価格の情報に加えて、 ICE No. 2のオプション契約価格は、現在の先物取引により生成されるインプライド・ボラティリティ水準を分析することにより、将来の価格ボラティリティ期待値の入手可能な最善の市場コンセンサスも提供します。

ICE No. 2の先物・オプション契約で、市場参加者は、先物・オプション契約のポジションを取ることにより、綿花の生産、取引、使用において直面する綿花価格リスクを管理することができます。スワップやその他の利用可能な取引所外ツールとは異なり、 ICEでの取引は、中央清算機関の金融セーフガードによって保証されているため、私的な二者間契約につきものの取引先リスクが排除されます。

これらのツールを利用するためには、先物・オプションの契約条件を十分に理解する必要があります。先物とオプションの間には重要な違いがあるため、特定の市場参加者にとってはどちらか一方が他方よりも適している場合があります。例えば、会社の商業的な市場ポジション、財務状態、リスクプロファイルやリスク許容度、および綿花価格リスクを管理するために契約を最大限に活用するための戦略を練る能力といったことをしっかりと分析しなければなりません。

変化は常にあるものだという考えに逆らおうとするのではなく、変化をチャンスと捉えて、そのチャンスをフル活用するための適切なツールについての学びに投資して下さい。そのツールとは、 ICE Cotton No. 2の先物あるいはオプションです。