コンテンツにスキップ

当サイトはクッキーなどのテクノロジーを使用しています。これにより、CCIおよびそのパートナーは、ユーザーの皆様が当サイトを訪問したことを記憶し、当サイトをどのように利用したかについて理解し、各々の興味に合わせてコミュニケーションを表示することができるようになります。当サイトにおけるクッキーの使用およびオプトアウトについて詳しくお知りになりたい方は、ここをクリックしてください。  ユーザーの皆様は、当サイトを継続してご利用になることにより、クッキーの使用およびCCIプライバシーポリシーについて同意したものとみなされます。
ユーザーの皆様は、当サイトを介してEメールアドレスなどの個人情報をCCIに提供する場合があります。  CCIの情報収集について詳しくお知りになりたい方は、ここをクリックしてください。  ユーザーの皆様は、個人情報を提供することにより、CCIプライバシーポリシーに基づきその情報を使用することに合意したものとみなされます。

現在の最新価格: 2018年12月10日月曜日

最終 変動 オープン 高値 安値 前日 / 終値
2019 3月 79.88 -0.35 80.35 80.60 79.35 80.23
2019 5月 80.89 -0.28 81.19 81.57 80.50 81.17
2019 7月 81.46 -0.27 81.79 82.13 81.25 81.73
2019 10月 78.54 -0.27 78.81
2019 12月 77.63 -0.40 77.85 78.13 77.53 78.03

市況の最新情報

綿花輸出販売レポート(週刊)

出典: 全米綿花評議会および米国農務省

ウェブサイトにアクセス

綿花市場レポート(週刊)

出典: 全米綿花評議会経済部

ウェブサイトにアクセス

COTTON USA世界経済レポート(月刊)

出典: 全米綿花評議会経済部

PDFをダウンロード

世界農業需給予測(月刊)

出典: 米国農務省

PDFをダウンロード

綿花:世界市場と貿易(月刊)

出典: 米国農務省

PDFをダウンロード

消費者の考察

特別調査:

コットン・インコーポレイテッドのサプライチェーン・インサイト:ホームテキスタイル -  シーツと寝具

コットン・インコーポレイテッドによる最近の調査によると、消費者10人のうち約7人が綿リッチのシーツ(74%)および寝具(69%)を好んでいます。実際、3人に2人以上が、アメリカ綿を使った米国製シーツ(71%)と寝具(66%)を購入する傾向が高いことがわかりました。

1998年より、国際綿花評議会(CCI)は定期的に「グローバル・ライフスタイル・モニター」消費者調査を実施しています。この調査により、衣料品、購買行動、あらゆる種類のテキスタイルに焦点を当てた、幅広いライフスタイル関連の消費者製品に関する貴重な知見を得ています。

この市場調査は、世界中の消費者のニーズと期待をよりよく理解できるという本物の価値を持つことから、今では欠くことのできない調査となっています。

調査により、衣料品の購入やテキスタイル関連の消費者の好みと考え方に関する消費者の傾向を詳細に考察できます。調査結果の分析を通じて、CCIはコットンの需要に関わる動向と傾向を早い段階で知ることが可能になり、消費者調査からコットンの具体的な利点を特定できます。