コンテンツにスキップ

当サイトはクッキーなどのテクノロジーを使用しています。これにより、CCIおよびそのパートナーは、ユーザーの皆様が当サイトを訪問したことを記憶し、当サイトをどのように利用したかについて理解し、各々の興味に合わせてコミュニケーションを表示することができるようになります。当サイトにおけるクッキーの使用およびオプトアウトについて詳しくお知りになりたい方は、ここをクリックしてください。  ユーザーの皆様は、当サイトを継続してご利用になることにより、クッキーの使用およびCCIプライバシーポリシーについて同意したものとみなされます。
ユーザーの皆様は、当サイトを介してEメールアドレスなどの個人情報をCCIに提供する場合があります。  CCIの情報収集について詳しくお知りになりたい方は、ここをクリックしてください。  ユーザーの皆様は、個人情報を提供することにより、CCIプライバシーポリシーに基づきその情報を使用することに合意したものとみなされます。

専門家が解く、なぜコットンはベターチョイスなのか

天然繊維を調達することによりサプライチェーンのマネージャーたちに好循環を呼びます。

原材料の選択や供給はBSC(バランスト・スコアカード)アプローチにおいて衣料品サプライチェーンマネージャーが調達の「好循環」のために考慮すべき事項トップ8に掲げられています。(https://www.just-style.com/analysis/how-to-build-a-balanced-apparel-sourcing-strategy_id134268.aspx)現代の繊維の選択や供給の多くの側面が重要でありながらサプライチェーンのなかで殆ど理解されていません。

綿は最も使用され、好まれている天然繊維です。2017年に製造された全繊維9,400万トンのうち3,400万トンが天然繊維でした。そのうち綿が2,400万トン、ウールは110万トンを占めています。その他の主な天然繊維はジュート、コイア、アバカ、ヘンプ、カポック、アルパカ、絹、モヘア、サイザル麻などがあり、これら以外にも商用に使用される10種の天然繊維があります。 (www.dnfi.org)

この数百年で繊維消費量全体に占める天然繊維の割合は大きく変わりしました。18世紀まで、利用できる繊維はすべて天然繊維で、1700年代初期には使用量の90>#/span###以上をウールとリネンが占めていました。19世紀になっても、世界はまだ天然繊維中心でしたが、そのなかで綿のシェアが75>#/span###にまで達し、第二次世界大戦の勃発までその状況は続きました。戦後の技術躍進と経済発展が化学繊維製造、なかでも石油系の合成繊維製造の急速な拡大をもたらしました。今日、繊維消費量の割合は65>#/span###を化学繊維、35>#/span###を各種天然繊維が占め、天然繊維全体に占める綿の割合は70>#/span###です。このトレンドは今後も長く続くと予測する専門家もいます。(https://www.woodmac.com/research/products/chemicals-polymers-fibres/fibres/synthetic-fibres/

しかし合成繊維と天然繊維のトレンドは転換期であると推測される理由があります。

繊維の仕様におけるいくつかの考慮すべき事項:

綿などの天然繊維は農業からその先の加工までのサプライチェーンにおいて世界で約2億5,000万人の雇用を生んでいます。天然繊維から合成繊維へ代える社会的コストが主要ブランドや消費者によって評価されるなか、比較的雇用の少ない合成繊維への流れは減速していく可能性があります。こうした企業はみな我々が消費者として知ることのできる範囲を可能な限り広げようと、買い物から着用、共有までの消費者のたどるあらゆるステップを再考しています。これこそがデザイナーである私にとって何ともワクワクすることで、常に変化しています。化学やビッグデータなどのサイエンスとデザインや消費者の洞察を組み合わせることでファッションのマジックが得られる。それは例えばあなたの好きなフレームを生み出し、また生地の未来を拓く。そのすべてがファッションテクノロジーなのです。そしてそのすべてが今起こっています。

天然繊維から代えることによる社会的コストに加え、合成繊維は環境コストも高くつきます。合成繊維はその原料として石油や石炭など再生不可能な資源に全面的に依存しているのに対し、綿やその他の天然繊維はすぐに再生可能で二酸化炭素を排出よりも吸収する植物原料なのでカーボンニュートラルであることが多いのです。合成繊維の環境コストの高さの一例には、この40年間に合成繊維の生産地としてはマイナーだった中国が世界を席巻する一大供給者となり、合成繊維の製造で大変な大気汚染を招き、工場閉鎖や移転を余儀なくされています。(https://www.npr.org/sections/parallels/2017/10/23/559009961/china-shuts-down-tens-of-thousands-of-factories-in-unprecedented-pollution-crack

河川、湖、海のマイクロファイバー汚染が、人間や動物の健康を脅かす世界的に急拡大する脅威となっていることから、合成繊維産業を脅かす問題として次第に認識されるようになりました。

https://www.theguardian.com/environment/2016/jun/20/microfibers-plastic-pollution-oceans-patagonia-synthetic-clothes-microbeadshttps://www.vox.com/the-goods/2018/9/19/17800654/clothes-plastic-pollution-polyester-washing-machine

綿や他の天然繊維は土や水の環境の中ではるかに分解しやすいため、こうした危機の一つの切り札として次第に認識されつつあります。「世界の繊維製品における天然繊維の割合を高めることは、合成繊維によるマクロファイバー汚染を減らす一つのカギであるに違いありません。なぜなら天然繊維は比較的短時間で生分解し、ポリエステルやナイロンなどの合成繊維と同じようには環境中に堆積しないことが証明されているからです」

(テキスタイルからのマイクロプラスチック汚染:文献より抽出:http://www.hioa.no/content/download/144803/4071096/file/OR1%20-%20Microplastic%20pollution%20from%20textiles%20-%20A%20literature%20review.pdf  ; (https://www.cottonworks.com/topics/sustainability/cotton-sustainability/biodegradability-of-cotton/?highlight=microfiber%20pollution)

ポリエステルその他の合成繊維の機能は当初と比較し格段に向上していますが、依然として、消費者に支持される繊維の上位を綿、ウール、絹が占め、一方で合成繊維は消費者から避けられる繊維の上位を占めています。(https://lifestylemonitor.cottoninc.com/consumer-perspectives-on-green-apparel/)消費者が常にそうした回答通りに行動するわけではありませんが、ブランドや小売業界にとって消費者の意向をマーケティングの際に念頭に置くことは重要です。消費者は天然繊維をとても好んでいるので、合成繊維のライフサイクルコストの実態が明らかになるなかで、天然素材の衣類やインテリアの購入に好んでシフトする可能性があります。

サプライチェーン全体にわたって綿やその他の天然繊維技術のイノベーションは引き続き力強く、生産量を増大し、コストダウンをもたらし、機能や環境適合性、消費者へのアピールを高めています。綿花生産者の段階では、品種改良、GPSやコンピューター管理の導入、機械化のすべてが(https://www.youtube.com/watch?list=PLF3KnHk5z28AqGgvS3e_TNouC58bJbeLg&v=I8ndGG6bfsM)生産性を向上させています。紡績においては織布と縫製(https://cottonusa.org/for-mills  ;  https://cottonusa.org/innovationhttps://thefabricofourlives.com/)技術がスピード、機能、品質を高める一方で環境への影響を低減しています。アメリカ綿は業界による自助努力の活動によってこれらの多くの技術開発を牽引しています。

https://cottonusa.org/news/2018/cotton-is-proving-that-a-traditional-fiber-can-be-an-innovation-leaderhttps://www.cottonworks.com/topics/ ; https://cottontoday.cottoninc.com/reference-material/collateral/

素材の選択や供給が衣類やインテリアの調達を成功に導く好循環のカギとなるのであれば、天然繊維、特に綿はこの循環において主要な役割を果たすはずです。COTTON USAはサプライチェーンのあらゆる分野と協調し、短期、中期、長期に適した選択肢を可能にします。