コンテンツにスキップ

当サイトはクッキーなどのテクノロジーを使用しています。これにより、CCIおよびそのパートナーは、ユーザーの皆様が当サイトを訪問したことを記憶し、当サイトをどのように利用したかについて理解し、各々の興味に合わせてコミュニケーションを表示することができるようになります。当サイトにおけるクッキーの使用およびオプトアウトについて詳しくお知りになりたい方は、ここをクリックしてください。  ユーザーの皆様は、当サイトを継続してご利用になることにより、クッキーの使用およびCCIプライバシーポリシーについて同意したものとみなされます。
ユーザーの皆様は、当サイトを介してEメールアドレスなどの個人情報をCCIに提供する場合があります。  CCIの情報収集について詳しくお知りになりたい方は、ここをクリックしてください。  ユーザーの皆様は、個人情報を提供することにより、CCIプライバシーポリシーに基づきその情報を使用することに合意したものとみなされます。

COTTON USAは より環境に配慮した地球に優しいコットン

サステナビリティ(持続可能性)と公正な労働慣行の厳守をお約束します。

COTTON USAは、持続可能な農法により綿花を栽培しています。家族経営の農家は自分たちで農地を所有しています。彼らの畑は何世代にも渡り、家族の中で受け継がれてきました。これを未来の世代のために守るため懸命な努力を重ねています。精密農業の導入率は世界でも非常に高く、水と農薬の消費を極力抑えています。アメリカの農家は世界で最も膨大で、厳密で、強制力のある規制の下に農業を営んでいます。さらに、COTTON USAはサステナビリティ(持続可能性)に関する主な指標すべてを監視測定する最も広範囲にわたるシステムの一つを導入しています。

精密農業

精密農業管理は、高品質と高収量を水と化学薬品の消費を減らしながら実現するために、コンピューターによるハイテク測定システムを使った画期的なテクノロジーを指します。

厳しい規制

COTTON USAは厳格な規制システムで管理されています。環境と職場に関する規制は連邦・州当局により厳しく施行され、違反した場合は民事・刑事両方の懲罰が科されます。農家は膨大な量の書類を記入する必要があり、州・連邦政府の両方が調査を行います。さらにアメリカ綿は食用作物として規制され、厳重に監視されています。私たちはサステナビリティに配慮した包括的測定システムにおいて業界の最先端を進んでいます。

新しいテクノロジー

精密農業の発展の鍵を握るのが、新しいテクノロジーです。無人航空機(UAV)技術により綿畑を「マッピング」でき、水などの散布が必要な場所が正確にわかり、水と植物保護製品の使用を無駄のない適切な量に調整できます。コンピューターを利用した湿度センサーが水使用の効率性を高め、また「無耕作」技術も用い、土壌を守っています。

アメリカ綿 の知識

• アメリカの綿作地の3分の2は雨水だけで栽培しています。
• 水の消費効率は過去35年間で82%改善されました。
• コットンはカーボンニュートラル、つまりコットンを栽培する過程で発生する量よりも多くの温室効果ガスを吸収しています。

農業従事者である彼らが環境にやさしいコットンのためにハイテクをどう役立てているかご覧下さい。

Warren家を紹介します。父親と息子たちは95年以上代々耕してきた同じ農地でサステナブルに綿花を育てています。彼らにとって土地は故郷、それが水や農薬の投入を削減する最新技術を使う唯一の理由です。湿度計、ハイテクのウェザーステーション、ヒートマッピングにより、Warren家は環境負荷の削減で私たち皆にとってより良い世界をもたらしてくれます。

調査報告書

消費者の求めるサステナブルなコットン

COTTON USAは世界で最もサステナブルな方法で綿花を生産していると信じています。これはサプライチェーンの誰しもに関係しているだけでなく、消費者にもとても重要なことです。事実、国際綿花評議会(CCI)の最新調査によれば買い物客の61%は衣類を購入する際サステナビリティについて気にかけています。また3分の2は「環境にやさしい」と表示のある衣類を見つけるよう努めていると答えています。

COTTON USAがどのようにあなたのビジネスのサステナブルなイメージを高め、お客様に求められる製品を提供しているかをこの調査でご覧ください。

PDFをダウンロード

サステナビリティ(持続可能性)目標

私たちはより高いサステナビリティ(持続可能性)目標を設定します。

 アメリカ綿花業界は、過去35年間に達成した環境面での大きな進歩をさらに拡大しようとしています。その目的は、将来の世代のためにより良い世界を作りながら、メンバーが現在のニーズを満たせるよう支援することです。

具体的な目標には以下が含まれます。

  • ポンドの綿花を生産するために必要な土地面積を13%削減する。
  • 新土壌形成比における、土壌流出を50%削減する。
  • 水利用効率を18%改善する(水1ガロン当たりの綿花収穫量の増加)。
  • 温室効果ガスの排出量を39%削減する。
  • 農地の土壌炭素を30%増加させる。
  • 綿実と繊維の生産に使用されるエネルギーを15%削減する。

ソーシングジャーナルで最新の意見記事をご覧ください。Sourcing Journal

サステナビリティ

この図表は、環境負荷の削減に対する35年間におよぶCOTTON USAの継続的な努力を示すものです。

世界を救うための取り組み。農地単位で進めます。

「FIELD TO MARKET®(畑から市場へ)」イニシアチブ

Field To Market®は、天然資源を守り、未来の世代が自らのニーズを満たす能力を向上させながら、急速に拡大する人口に必要十分な食糧、繊維、燃料を生産するという課題の達成を目指す画期的なプログラムです。COTTON USAはこのイニシアチブに積極的に参加しています。Field to Market®が開発したFieldprint® Calculatorは、農家が作物の生産管理活動の環境影響を測定し、農地毎に改善する機会を特定するためのツールです。

詳細を見る


COTTON LEADS™

COTTON LEADS™は責任ある綿花生産に取り組むプログラムで、サステナビリティ(持続可能性)、最善事例の実践、サプライチェーンのトレーサビリティーが主要原則として形成されました。 

詳細を見る

サプライヤーを検索

世界各地の企業とつながりを築き、ビジネスを発展させませんか。

サプライヤーを検索
https://cottonusa.org/uploads/images/ctaribbon-supplier.jpg

ライセンシーになるには

ライセンス取得手順はシンプルです。

詳細を見る
https://cottonusa.org/uploads/images/lady.jpg